運動・食事に気を付けて病気を予防

適度な運動を、毎日習慣づけて行うことは健康のために重要ですが、当然、動脈硬化の予防にもなります。

動脈硬化となる要因を挙げてみると、高血圧、糖尿病、高脂血症、喫煙、肥満、ストレスなどがあります。適度な運動はこれらのすべてに効果があり、それにともなって動脈硬化の予防にもつながります。

また、これも言い古されていることですが、食事は健康の要です。
1日の摂取カロリーに注意を払い、食べ過ぎないように、腹八分目を心がけましょう。動脈硬化が原因で、脳の血管が狭くなり、そこに血栓ができて詰まることで、動脈硬化が原因となって発症する循環器病は、それまで元気よく仕事していた人が、突然発症するケースが多く、命にかかわる危うさのある深刻な病気です。

動脈硬化が原因で、さまざまな症状が身体に現れることを、「動脈硬化症」と言います。呼び名はどうでも良いとお思いかもしれませんが、その単語を知っていれば何かの機会に注意がそこに向くこともあるので、覚えておくと良いです。

動脈硬化が進行するほど、「CAVI」の値は高くなります。

動脈硬化のなかでも、「粥状動脈硬化」の場合は、コレステロールと深く関わっています。バランスの良い食事や、適度な運動などによって、動脈硬化の改善を目指してください。

成人病検診などに行くと、中高年の方の大半は聞いたことになる話です。
そんな話を聞いたことのない健康な方も、まだそんなことを心配しなくても良い年齢の方も、転ばぬ先の杖ですよ。

血糖値が高いと、動脈硬化が発生するリスクが高くなりますが、日常の食生活において、少し気をつけるだけで、血糖値が上昇するのをコントロールすることができます。

毎日がニコ曜日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。