シミを消すのに効く食べ物

シミを消すと言っても、それは具体的にはどういうことなのか?という疑問が湧きますよね。

シミが消えるかどうかは肌のターンオーバーに関係しています。

新陳代謝を促す効果のある食べ物。潤いを保つことにつながる食べ物など、色々な食べ物を知ることができれば、肌のために役立つのは間違いありません。

たとえば、化粧品の効果を高めたり、ターンオーバーをスムーズに進めるなどのメリットが期待できます。

シミに効果が高い成分をいくつか見ていきましょう。

まず、ビタミンCです。
美白といえば誰もがビタミンCを思い浮かべるほど有名ですね。
ビタミンCの何が良いのかというと「メラニンが作られるのを抑えてくれる」というのが通説です。

また、ビタミンCは抗酸化力が強いのでシミの元となる活性酸素を除去してくれます。
代表的な食べ物を挙げてみましょう。
ブロッコリー、レモン、ゆず、赤ピーマン、黄ピーマン、モロヘイヤ、ケールなどです。

魚に含まれていることで有名なアスタキサンチンも、肌に潤いを与え、健康的な肌の維持に役立ち、メラニンの発生を抑えてくれます。

また、リコピンはトマトに多く含まれていることで有名ですが、リコピンは紫外線から肌を守り、メラニンを発生させにくくするという栄養成分です。

エラグ酸は、チロシナーゼというシミの元を抑えてくれるといわれています。
なぜなら抗酸化作用が高くメラニンを抑えてくれるからです。
癌などにも効果が期待できると言われている成分です。
含まれているのは、ざくろ、いちご、クルミ、ラズベリー、ブルーベリーなどです。

その他にも、鶏皮、豚足、牛すじ、エビ、すっぽん、ウナギなどに含まれるコラーゲンなど、シミを消すのに役立つ成分はいくつかあります。

身近な食材を摂ることが肌の健康に役立つことがわかりますが、折角ですから成分と効果を意識しながら、メニューを考えてはどうでしょう?

なお、無理やりたくさん食べることよりも適量を定期的に食べる方が効果的です。

シミの原因と対策

シミの元は黒ずみだと言いますが、その正体をあなたはご存知ですか?

シミの原因はメラニンという色素のことです。これは結構有名ですよね。

メラニンは誰の肌にも発生しますが、健康な肌であれば肌の細胞が入れ替わる時に同時にメラニンも肌から抜け落ちます。それならばOK。

しかし、シミとなって残るのは、メラニン色素が排出されないまま肌細胞に残り黒い部分が現れてしまった状態です。

これがいわゆる色素沈着です。

色素沈着は肌の老化によってメラニンを排出しきれないことが原因です。
年をとってくるとシミが増える人が多いというのは、こういう理由です。

以上のことを踏まえて考えると、シミを防ぐには、なるべく若い(状態の)肌を維持して、色素沈着を減らすことが大事です。

しかしできてしまったシミはどうしたらよいでしょう?
3つ紹介します。

まず、できてしまったシミを消す方法としては、色素沈着したメラニンを薄くすることです。

メラニンを薄くしようと思ったら、メラニンを淡色化出来る成分を利用することです。

有名なところではハイドロキノンを使うと効果が期待できます。

もうひとつの方法は、シミを薄くできるような肌細胞にすることです。

「シミを薄くできる肌細胞」というのは紫外線を弾き返すことができる肌のことです。
そのためには肌が潤っている状態を保つことが大切です。

最後に、「メラニンを作らない」肌細胞にすることです。

メラニンが生成されるのは肌細胞の深い所で。

シミのそもそもの原因であるメラニンの生成を止めなければ、一時的にシミを消しても意味がないのです。

では、具体的にどうするのかというと、専用のコスメを使うというのが一番効果的な方法です。

近年は最先端の医療技術を美容に取り入れたサイエンスコスメがシミを消す化粧品として人気になっています。