2012年にノーベル生理学と医学賞を受賞した山中教

2012年にノーベル生理学と医学賞を受賞した山中教授がつくりだした万能細胞のiPS細胞ですが、この細胞から髪の毛を生やす細胞を作れることが発表されました。
毛穴の奥にあって毛根を包み、髪の発育に必要な毛包がiPS細胞からつくりだせたのです。
残念ながら、多くの課題が残っているので身近に使えるようになるまでには長い年月がかかります。
でも、育毛のための技術は世界中で開発されています。CMなどでAGA専門を謳うクリニックなどに通い、治療に対して真摯に取り組んでいるつもりでも、ストレスが多かったり食生活(食生活によって、健康状態が大きく変化するでしょう)や睡眠などが乱れているままだと相対的に治療の効果は低くなります。
普段の食生活(食生活によって、健康状態が大きく変化するでしょう)を見なおしたり趣味などでストレスを発散するのも良いことですし、良い睡眠をとるということも重要です。
よく眠れない状態ではストレスも溜まりやすくなる上、新陳代謝も悪くなりますから地肌や髪に及ぼす影響は深刻です。
今の日本で、厚生労働省が使用を許可している育毛用の治療薬は、プロペシアとミノキシジルです。
プロペシアは内服薬で、ミノキシジルは外用薬です。
ミノキシジルとプロペシア以外の育毛治療薬を使いたい時には、現状では海外輸入するしか方法はないのです。外国語が下手で自分1人で海外輸入するのが不安な場合には、輸入代行会社を利用すれば良いのです。
でも、現状日本で認可されていないのですから、これらの薬を使って起きた副作用についてはすべて自己責任となるのは事前にチェックしておきたいことのひとつです。漢方薬の中には育毛効果が幾らかは期待できるものもありますが、実際に効果を実感できるようになるには時間が掛かるのです。その人その人の体質をみて処方をしてもらう必要性がありますし、その使用を毎月のようにつづけなければならないとなると、まあまあな費用がかかることになり負担となるでしょう。
漢方薬は一般的に副作用が起こりにくいとされていますが、途中で服用を中止してしまうこともよくあるので、少なくとも半年以上の服薬を継続するという覚悟で飲むのがよいと思います。普段からげんきな髪をつくる事に注意を払っておくのが育毛ケアとしては最もお手軽でしょう。健康な髪には健康な頭皮が不可欠ですから、頭皮の状態を守っていくため血の巡りを良くすることがキーポイントになります。
お風呂はシャワーだけにしないでお湯に入りながら頭皮マッサージをしたり、ストレスが溜まらないようにできるだけ力を注ぐことも必須です。医学的な治療効果とは別に、長期にわたるAGAの治療では頭皮のマッサージが補助的な影響が大きいため、推奨されています。
継続的にマッサージをすると育毛環境のベースとなる頭皮の状況が良好になり、医学的な治療をサポートしてくれるのです。
上手に頭皮マッサージをすると新陳代謝が活発になり、ターンオーバーで剥がれた角質や酸化した皮脂がきれいにとれるようになり、毛髪サイクルの健全化にも結びつきます。
最近では、育毛剤以外にも自宅でもできる育毛治療が人気です。たとえば、病院のものほど高出力ではないのですが、自宅でできる育毛ケアとしてレーザー育毛の美容器具が次々と発売されています。
とくに人気があるのは米国でFDA認可がされた製品です。
FDA認可とは、日本では厚生労働省が認可した製品と言えば分かりやすいかも知れません。
FDA認可の育毛レーザーはアメリカ政府が、薄毛や抜け毛に効果があり、安全性も高いと保証した製品といえるのです。
一般的に、育毛専門の施設には、サロンとクリニックの2種類があります。
それぞれの違いは、医療行為の有無です。
育毛サロンは、症状にあった育毛剤を塗布したりマッサージを行って頭皮環境を改善していくなどの、育毛に適した頭皮の土台づくりをおこなう施設です。クリニックは、医師免許が必要な処方箋で治療したり、抜け毛治療に適した医療器具による施術などをおこなう施設で、サロンとは異なります。知っている人もいるでしょうが、指のかわりに頭皮をシャンプーする何種類かの電動ブラシが売られています。電動ブラシの原理としては、音波で毛穴の汚れを浮き上がらせて洗いやすくした、頭皮や髪の毛に良いグッズです。
同時に、マッサージも出来てしまうので、毛根などへ血液が巡りやすくなるのです。
しかしながら、気持ちが良いばかりに使いすぎてしまうと反対に頭皮環境の悪化を招く惧れがありますから、使うときは節度を守って下さい。
乳製品はタンパク質の含有量が多く、育毛にはもってこいでしょう。
とりワケチーズにはL−リジンという必須アミノ酸が入っており、このL−リジンは育毛治療において使用されることの多い成分であるミノキシジルのはたらきを向上させる特性を持っています。
よって、努めて摂取するといいでしょう。ですが、過剰に摂取するとカゼインという乳製品が持つ成分が他の栄養素の吸収を阻害するので、適度な量を守って下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。